税理士法人アイビス | Best Professional Firm 2019

税理士法人アイビス

代表者名
大宮 龍幸
創立年月日
2010年10月(創業1995年)
社員数
26名(2019年4月現在)
ホームページ
https://aevisgroup.com/
Address
〒460-0004
愛知県名古屋市中区新栄町2-1
ノリタケ栄ビル5階
0120-058-378

OUTLINE

現在のスタッフ平均年齢は35歳前後と若々しい印象のアイビス。最近では、新卒採用にも力を入れている。まずは戦う道具としての税務会計を身に付けさせた上で、さまざまな人とコミュニケーションができる要素と提案ができるプレゼンテーション能力を期待しているという。 そうした人材育成のため、成長シートを作成し、いくつかのスキルを身に付けて他者を成長させることで等級が上がるという評価基準を設けている。この評価基準に基づき全員がわかりやすい昇格・昇給テーブルを示しているのが特徴の一つ。また、外部研修やセミナーに参加した時には、その成果を全体ミーティングの場で発表する。インプットしたら必ずアウトプットするルールだ。このアウトプットの機会が成長の場となっているという。 こうした育成を通じ、日々さまざまなテーマが発生してくる中で常に優先順位をつけられるマネジメント力を高め、チームを勝たせるリーダーマネジメントの資質を養っていく。会計業務はAIに取って代わられるとさえいわれることがあるが、同社ではむしろ逆で、ますます相談相手として求められる機会が多くなってくると考えている。そのためにも経営がわかる会計士・税理士である必要がある。経営は哲学あり、個性あり、統計あり、教育もあり、巻き込みもあり。経営を取り巻く種々雑多な環境の中で、バランスを取りながら成果を勝ち取る経営を支援するのがビジョンだ。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

ITやAIは許容範囲の中で積極的に取り組むべき。テレワークにしてもまずは自社で取り組み、顧問先に感想や実際の運用事例を紹介するべき。

どのような顧客が多いか

医療業、介護業、建設業、サービス業ほか

強み、得意としている業務

名古屋・岡崎・新宿と3カ所に事務所があり、地元企業の東京進出を支援できる体制がある。また、相続税にも特化しており、年間40件ほどの相続税申告を行っている

どのような人材を育成しているか

最近は新卒採用にも力を入れている。OJTはもちろん、外部研修やセミナーにも積極的に参加している

事務所の特徴を一言でいうと?

3カ所の事業所にいる中堅と若手スタッフそれぞれが、相互に成長を促す企業風土

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

時代に沿ってさまざまな経営者や業種と出会い、その時々のテーマに向き合っていけること

会計士または税理士を目指したきっかけは?

20歳の頃、将来に不安を抱き、簿記を学びにいった時の友人の影響

座右の書

道徳なき経済は罪、経済なき道徳は戯言

趣味

ゴルフ、テニス、読書、映画鑑賞