CaN International 国際会計事務所 | Best Professional Firm 2019

CaN International 国際会計事務所

代表者名
大久保 昭平(代表/右)山岡 靖(ディレクター/中央)野口 賢太郎(マネージャー/左)
創立年月日
2012年12月
社員数
45名(2019年5月現在)
ホームページ
http://www.caninternational.co
Address
〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-9-2
第一稲村ビル7階
03-6661-1163

OUTLINE

国際会計ファームであるキャンインターナショナルは、日系・外資系を問わずグローバルに事業活動を行う企業が直面するクロスボーダーの経営課題に対して、最適なソリューションを提供するプロフェッショナル集団。現在は、東京、シンガポール、香港、タイ、ベトナムに拠点を構えるほか、アメリカや欧州など世界各国に提携先を有し、支援実績は数十カ国・地域に上る。 日本、海外における会計・税務に加えて進出支援やM&A業務といったコンサルティング業務にも強みを発揮する。 クライアントのサポートにあたるのは、会計・税務等の専門家で海外事業に精通したメンバーたち。各自が多様なバックグラウンドを持ち、それぞれの業界の大手法人で十分な経験を積んでおり、海外勤務経験者も多い。企業にとってリソースや専門知識、経験のない領域について気軽に相談できる点が評価されている。 大久保代表はコンサルタントの成長とクライアントの事業成功は車の両輪だと語る。 「私たちは、クライアントの海外事業を支援するために現地の会計・税務に関する情報の日々のインプットはもちろん、各国の歴史的背景や文化・商習慣の理解にも努めています。クライアントの海外事業の成功を通じて国際社会に貢献するという理念を掲げ、難易度の高い海外ビジネスにチャレンジするコンサルタントの高いモチベーションと成長が、クライアントの満足および事業成功につながっています」

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

-

どのような顧客が多いか

海外事業を展開する日系・外資系企業

強み、得意としている業務

クロスボーダーに係るコンサルティング業務(海外進出支援、M&A、国内・国際税務、親会社マネジメント・海外拠点現地サポートなど)

どのような人材を育成しているか

クライアントのかゆい所に手が届くようなホスピタリティを有し、海外案件など専門性と難易度の高い業務を前向きに楽しみながら行える人材

事務所の特徴を一言でいうと?

各コンサルタントの多様性がありつつも、まとまりもある、絶妙なバランスの事務所

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

クライアントのニーズに合わせて自分たちの強みを生かしたサービスをオーダーメードで作ることができ、そのサービスの提供によってクライアントから感謝される、クリエーティブで素晴らしい仕事(大久保)

会計士または税理士を目指したきっかけは?

どこでも生きていけるような専門性を身に付けようと考えたため(大久保)

趣味

海外旅行、お酒(大久保)