クリフィックス税理士法人 | Best Professional Firm 2019

クリフィックス税理士法人

代表者名
山田 徳昭
創立年月日
2003年1月
社員数
100名(2019年4月現在)
ホームページ
https://www.clifix.or.jp
Address
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-2
東宝日比谷ビル13階
03-3500-5270

OUTLINE

クライアントに名を連ねるのは、大手金融機関や総合商社とそのグループ会社などの一流企業。しかも、これらのクライアントのほとんどが、営業で獲得したものではなく、既存クライアントからの紹介というのが、クリフィックス税理士法人だ。 トップクラスの企業からの信頼を得られている理由は二つあると、山田徳昭代表は言う。一つは、優れたスタッフが「税務」と「会計」双方の高度な知識を持ち合わせている点だ。税務と会計の基準は異なる部分がある。例えば、企業の再編時には、その双方を考慮してこそ最善の方法を選択できる。もう一つはクライアントからの相談を受けるだけでなく、潜在的なニーズを探し出して提案しようという社風である。 こうしたサービスの提供を可能にしているのが、スタッフの教育だ。充実した研修制度だけでなく、新人1人に中堅スタッフ1人をメンター(指導・助言者)として付けている。メンターは自分の経験を踏まえて、新人の成長に合わせてアドバイスを行うとともに、仕事や人間関係などの良き相談相手にもなっている。一流企業への対応ができるように、数年をかけて、きめの細かい指導・教育を行っているのだ。 同法人の今後について「優れたスタッフが優れたサービスを提供して、クライアントから高い評価を受ける。その高い評価が自己のモチベーションとなり、スタッフがさらに成長していく。この循環こそが重要だと思っています」と山田代表は語る。 これこそが、社名の由来でもある「クライアント・ファースト」の実現である。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

ITの進化で代替えできる部分は代替えしてコストを抑え、代替えできない付加価値が高い業務にフォーカスしていく。

どのような顧客が多いか

上場企業とそのグループ会社、上場予定のベンチャー企業

強み、得意としている業務

税務と会計、双方の高い知識を必要とする業務。上場企業の場合、税務だけでなく会計基準の理解も必要となってくる

どのような人材を育成しているか

高度な知識を持っているだけでなく、お客さまの潜在的なニーズを探し、対応と提案ができる人材

事務所の特徴を一言でいうと?

スタッフが、一流のクライアントから信頼されるような成長を遂げられ、会計人としてのやりがいを実感できる場

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

お客さまから、感謝されること。そして、お客さまの成長に伴走できること

会計士または税理士を目指したきっかけは?

監査法人時代、クライアントと利害が反することのある仕事は向いていないと感じた。クライアント側でサポートし続けたいと、税理士法人を立ち上げた

座右の書

書籍よりも身近な人から学ぶことが多いと思っています

趣味

仕事の話をしながら、ちょっとおいしいものを食べること

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します