コンパッソ税理士法人 | Best Professional Firm 2019

コンパッソ税理士法人

代表者名
若林 昭子
創立年月日
2004年4月
社員数
241名(2019年4月現在)
ホームページ
https://compasso.jp
Address
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-10-5
渋谷プレイス9階(東京本社)
03-3476-2233

OUTLINE

“クライアントの期待とニーズに応え、クライアントの成長発展に寄与する”をモットーに掲げ、常にお客さまにとって何が必要で不要か、そして何を求められているのかを徹底的に考え、オーダー以上の提案とアドバイスを提供。多くのクライアントから信頼されているコンパッソ税理士法人。代表社員の若林昭子さんは、以前、弁護士事務所に勤務していたが、税務訴訟に関わった際に「女性でも活躍できる資格だ」と思い、税理士の道へ進んだという。当初は個人事務所からスタートしたが、多くの案件全てに誠意を持って尽力し、クライアントの信頼を得てきた。現在では関東に9拠点を置き、社員241名の税理士法人へと大きく成長した。 クライアントは拠点ごとに違いがあるのも特徴で、渋谷では中小から大企業まで規模も業種も幅広いが、千葉旭では農業系、日本橋では海外法人の日本支社のクライアントが多い。それから、横浜青葉の事務所では社会福祉法人に特化しているのも面白い点だ。 AIの導入が進む業界において、数字上の答えがすぐに出てしまうのが、今後の会計税務の分野だということも十分に理解しているからこそ、これからはお客さまの一番の相談相手でないと生き残れないと考えている。相談に応えられる体制をつくり、常にお客さまに寄り添い、人間力溢れるコンサルティングが使命であり、この先10年のビジョンと考えている。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

システムを効率良く利用し、無駄を省いて時間を上手に使っていく。働き方改革にも対応して、社員には自己研鑽できる有意義な時間をつくり、能力の向上を図ってほしい。

どのような顧客が多いか

拠点ごとに違いがあり、規模も業種も幅広い(例:中小から大企業、社会福祉法人など)

強み、得意としている業務

規模の大きさを生かしたあらゆるニーズへの対応。事業承継、事業再編、海外対応など、何でも相談を受け付けている。グループには社労士法人もあり労務問題にも対応

どのような人材を育成しているか

お客さまに真摯に対応できる人材の育成に注力。数字だけで判断するのでなく、人間力も磨き、お客さまのニーズに気付くことを重要視している

事務所の特徴を一言でいうと?

お客さまに寄り添い、共に伴走する。拠点ごとの特徴を生かし、あらゆるニーズに対応

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

関与先の成長発展のお手伝いができる点。お客さまからの感謝の言葉が励みになる。スタートアップから支援したお客さまが株式上場まで成し遂げたこと

会計士または税理士を目指したきっかけは?

最初の勤務先の弁護士事務所で税務訴訟に携わることがあり、中小企業を守る仕事としてやりがいがあると思ったことと、女性が活躍できる資格として税理士が魅力的だと思ったから

座右の書

『人を動かす』『道は開ける』共にデール・カーネギー著

趣味

ゴルフ、太極拳、読書、音楽鑑賞

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します