EY税理士法人 | Best Professional Firm 2020

EY税理士法人

代表者名
蝦名和博
創立年月日
2002年(税理士法改正に伴う設立)
ホームページ
https://www.ey.com/ja_jp/tax
Address
100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-2
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー(東京本部)
03-3506-2411

既に始まっている、ポストコロナ時代への大きな変化にも対応

向上心を持つ人にとって頼もしい成長の機会が充実した職場環境


EY税理士法人は、世界150以上の国や地域に約21万人ものスタッフを抱える国際的なメンバーファームであるEYの一員。そのグローバルネットワークを生かし、国際税務やM&A、組織再編など、会計・税務サービスを基礎にした、きめ細かなコンサルティング業務を展開している。

同法人では、自主性とフレキシビリティーがプロフェッショナルの育成に重要と捉え、フレックス制やリモートワークを取り入れたさまざまな働き方の模索、ジェンダーに関わる活動も進められており、職場環境そのものが人材育成を推進するための場となっている。当然、スタッフも多様なメンバーがそろっており、他社や他業種で経験を積んだ人材が、その知識や経験などを生かし活躍している。

同法人はコンサルティングファームであり、クライアントからの依頼業務が本当に意味のあることなのか、別の方法はないのか等々、社内はもちろん、クライアントとも密接に交流を重ねながら議論を繰り返し、より良い提案となるよう努めている。こうした取り組みが実践できる経験者こそ、同法人で活躍の場を広げており、求められているのもそのようなビジネスマインドを持つ人材だ。

ただ、たとえ経験が浅くとも、変化が激しいビジネスシーンで、時代が大きく変わろうとしている今、多くのものを求めるより、習得すべき業務の軸を定め、その分野でのエキスパートになるために努力できることも重要である。EYという大手法人の立ち位置と、グローバルファームに所属する利点を生かし、業界の先端を走ることも可能な状況で、自身の軸とする分野においてトップを目指す気概を持ち、挑むことが期待されている。

グローバル組織の一員である同社では、当然、英語を使う場面は多く、英語トレーニングも充実しているため、実践的な語学の力をつけられる。また、AIやブロックチェーンを活用したサービス展開を試みており、最先端のテクノロジー活用には貪欲だ。オンライントレーニングも充実しており、向上心を持っている人にとっては頼もしい環境である。

今後、ポストコロナの時代にクライアントの環境は大きく変化する。ビジネスの世界で本来もう少し時間をかけて変わるはずだった事案が早まる状況も多々あり、それらの変化に対応したサービスの提供が確実に求められる。

例えば、税務デジタルトランスフォーメーションの実現、具体的には、データマネジメント概念の税務プロセスへの導入、クラウド化とクラウドベースの統合の実現などが挙げられる。また、経済的なダメージを負ったクライアントの中には短期的な解決が求められる課題が増える可能性は高い。こうした喫緊の、あるいは中長期的な課題に、クライアント個々の状況に応じ、極力負担が少ない方法で解決できるようサポートすべく、同法人は既に動き出している。

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します