グローウィン・パートナーズ株式会社 | Best Professional Firm 2019

グローウィン・パートナーズ株式会社

代表者名
佐野 哲哉
創立年月日
2005年8月1日
社員数
約90名(2019年4月現在)
ホームページ
https://www.growin.jp
Address
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-14-3
東急不動産赤坂ビル8階
03-5157-1616

OUTLINE

グローウィン・パートナーズは、顧客だけでなく、スタッフをはじめ同社に関わる全ての人々の成長(Growth)と成功(Win)を支援することを経営理念に置き、「経営参謀のプロフェッショナルチーム」として、クライアントの高度な経営課題に挑み続けている。 同社はコンサルティングファームであり、会計事務所ではない。採用には力を入れており、会計の専門家のみならず、他のコンサルティングファームや金融機関、ITベンダー、一般事業会社の出身者など、多様な業種から幅広い経験を持つスタッフを採用しているほか、新卒採用も行っている。研修についても、OJTなどの実践を通じた育成のほか、新卒・中途ともに座学の研修プログラムや勉強会も拡充している。 スタッフは、若く、チャレンジ精神が旺盛で、「我が事」として仕事に取り組む姿勢が顧客に評価されている。 創業以来、約500件のM&Aサポート実績を誇るフィナンシャル・アドバイザリー事業、「会計」×「IT」で経理業務の自動化支援を行うAccounting Tech(R)Solution事業、ベンチャーキャピタル事業を展開している。2019年より人材紹介業にも参入する予定であり、常に攻めの姿勢を崩さない。 その姿勢を支えるには、顧客の成長と成功と、それを支援する同社への信頼という要素が欠かせない。資格に慢心することなく、顧客と共にビジネスをつくるという意識が、同社への顧客の信頼を生んでいる。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

会計税務知識に加え、テクノロジーの理解が必須。その上で事業や財務戦略の立案、システムを生かす効率的な業務設計など、高付加価値業務にシフトしていくべき。

どのような顧客が多いか

IT系が多いが業種はさまざまで、ほとんどが上場企業。規模は年商数百億円~数千億円の顧客が多い

強み、得意としている業務

M&A支援や業務プロセスコンサル、VC、人材紹介など、経営参謀としてのニーズに応えるサービスをワンストップで展開

どのような人材を育成しているか

会計税務のみならず、IT、ビジネスモデルなどの広い知識と、高いコンサルスキルを持つ「プロの経営参謀」を研修やOJTで育成

事務所の特徴を一言でいうと?

若手が多く、明るい雰囲気の中、チャレンジ精神旺盛でさまざまなバックグラウンドを持つ社員たちがビジネスのプロフェッショナルとして活躍している

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

会計士は会計・財務・税務・会社法などのビジネスの基礎を学んでいるので、本人次第でビジネスマンとして活躍できる幅が広い

会計士または税理士を目指したきっかけは?

一般就職で大企業のサラリーマンや公務員になりたくなかったため

座右の銘

九転十起。人間万事塞翁が馬

趣味

ロードバイク、スキー

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します