• homeマイページ
  • 通知 お知らせ
  • 管理管理
  • 検索

キャリア・資格

2017年、監査法人の転職市場はこうなる?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掲載日:2017/09/07

新卒採用、中途採用ともに活況な監査法人業界ですが、このトレンドはいつまで続くのでしょうか。今回の会計トピックスでは、2017年の監査法人がどのような採用スタンスなのか、どのような方々が採用対象となり得るのか等、現実的な視点で情報提供させて頂きたいと思います。


2017年、監査法人の採用市場は引き続き好調!

 2016年、各監査法人が挙って新規公認会計士試験合格者、中途の公認会計士資格保有者、USCPA試験合格者などを採用してきましたが、実際は採用計画通りにいっていない監査法人も多いようです。一方で、景況感としては良好な状態が続いており、会計監査の契約に加えて各種アドバイザリー案件の獲得にも各法人が乗り出していることで、法人内の人材不足感は増していると言って過言ではありません。従って、2017年は昨年以上に採用基準の引き下げが起こることが予測されます。

この記事はマネジー会員限定です。ログインすると続きをご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

記事一覧(新着順)

  1. 社会人の合格者が増加?! 平成29年公認会計士試験…

  2. 平成29年度社会保険労務士試験の結果発表 合格者数…

  3. 【緊急調査】経理・人事・法務の年収動向-2017年上…

  4. 転職したい公認会計士の約3人に2人はインハウスを希…

  5. 社会保険労務士を目指す方必見!実際のところ、年収…