BPFについてのご案内、審査基準およびBPF2020へのエントリーについて | Best Professional Firm 2019

BPF
(Best Professional Firm)
とは?

より透明性のある経営を求められる昨今、MS-Japanは日本経済の成長と発展における会計業界の重要性がますます高まり、世の中に必要とされる存在になると考えます。

AIやRPAによる自動化が進み、公認会計士・税理士の仕事がなくなるというニュースが報じられる中、一方で時代の変化に負けない、世の中に必要とされ続けているプロフェッショナルがいることも事実です。

MS-Japan では約30年間におよぶ企業の管理部門職種と会計・法律業界に特化した人材紹介での経験を活かし、いつの時代も、高い価値を提供し続けるプロフェッショナルな会計ファーム「Best Professional Firm」を選出することで、改めてビジネスにおける会計業界の重要性・有用性と会計業界の価値の再認識していくことをめざし、MS-Japanの蓄積された知見やネットワークを最大限活用し、より会計業界を盛り上げるべく、本アワードを設立致しました。

Best Professional Firm2019では受賞ファームの代表者を招き、授賞式を実施。日本を代表する会計ファームの中から受賞した約100法人の代表者が集まる一大イベントとなっております。

より透明性のある経営を求められる昨今、MS-Japanは日本経済の成長と発展における会計業界の重要性がますます高まり、世の中に必要とされる存在になると考えます。

AIやRPAによる自動化が進み、公認会計士・税理士の仕事がなくなるというニュースが報じられる中、一方で時代の変化に負けない、世の中に必要とされ続けているプロフェッショナルがいることも事実です。

MS-Japan では約30年間におよぶ企業の管理部門職種と会計・法律業界に特化した人材紹介での経験を活かし、いつの時代も、高い価値を提供し続けるプロフェッショナルな会計ファーム「Best Professional Firm」を選出することで、改めてビジネスにおける会計業界の重要性・有用性と会計業界の価値の再認識していくことをめざし、MS-Japanの蓄積された知見やネットワークを最大限活用し、より会計業界を盛り上げるべく、本アワードを設立致しました。

Best Professional Firm2019では受賞ファームの代表者を招き、授賞式を実施。日本を代表する会計ファームの中から受賞した約100法人の代表者が集まる一大イベントとなっております。

審査基準

日本に登録されている会計事務所、税理士法人、会計系コンサルティングファームを
対象に「ビジョン」「成長性」「業界貢献度」「人材力」の観点で審査を実施。
一定の基準を満たした会計事務所等を対象に表彰します。 

審査基準の詳細

1.ビジョン

明瞭かつ具体性のある理念が定義され、
全社一丸となり戦略性や高い付加価値の提供している企業。

2.成長性

高い競争優位性、専門性、事業成長性などの側面から評価。

3.業界貢献度

業界全体の活性化や向上につながる課題解決や
展開の推進に努めている企業。

4.人材力

業界全体へのロールモデルとしての影響力や専門性を考慮。

審査フロー

ご案内

一定の審査基準を満たした会計・税理士事務所にエントリーのご案内を送付。 もしくは本サイトよりエントリーの申込みを行ってください。

エントリー

審査に必要な項目を記入の上、エントリーを行って下さい。

審査

専門性の高い審査員により審査委員会を構成。 独自視点で審査を実施。 ※面談やインタビューが行われる場合もございます。

決定

審査が完了次第、結果が通知されます。授賞式は3月中に都内にて執り行われます。

ご案内

一定の審査基準を満たした会計・税理士事務所にエントリーのご案内を送付。 もしくは本サイトよりエントリーの申込みを行ってください。

エントリー

審査に必要な項目を記入の上、エントリーを行って下さい。

審査

専門性の高い審査員により審査委員会を構成。 独自視点で審査を実施。 ※面談やインタビューが行われる場合もございます。

決定

審査が完了次第、結果が通知されます。授賞式は3月中に都内にて執り行われます。

次回2020年度へのエントリーに関しては
自薦・他薦問いません。

ご希望の方は下記より
気軽にお問い合わせ下さい。

御社名[必須]
設立年月日[必須]
社員数[必須]
提供しているサービス内容[必須]
どのような顧客が多いか[必須]
その他アピールポイント[必須]
申請者名[必須]
電話番号[必須]
メールアドレス[必須]
Best Professional Firmノミネートフォーム規約

1.個人情報と利用目的
(個人情報の定義)
個人情報とは、Best Professional Firmノミネート等の目的で取得した、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名・電話番号・e-mailアドレスその他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいいます。また当該情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより当該個人を識別できるものをいいます。
尚、詳細については別途定めます「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項をご確認ください。

(個人情報の利用と提供の原則)
当社は、利用者の個人情報を下記のマネジー各種サービス提供に必要な範囲内にて取得し、下記のサービス提供等の目的の範囲内でのみ利用するものとします。利用者の同意なしに第三者への開示・提供を行うことはありません。
○Best Professional Firmの選考・審査
○その他Best Professional Firm事務局や運営元の株式会社MS-Japan が提供する各種サービスのご案内等のご連絡

(個人情報の利用に関する例外)
但し、本サービスのサービス向上のため、利用者にご意見やアンケート・情報提供をいただく場合に個人情報を利用させていただく場合がございます。
前述の利用目的にかかわらず、当社は、法令の定めに基づき、又は権限のある官公署から、当社が取得した個人情報の開示を要求された場合、利用者の同意を得ずに当該要求に従い開示できるものとします。ただし、当該要求を受けた事実及び開示する内容につき、必要最低限の範囲で行うものとします。

2.クッキー(Cookie)について
当社WEBサイトでは、クッキー(Cookie)を使用しております。クッキーは、利用者の皆様がページをご覧いただく際に必要なシステム情報や、ご利用中の皆様を同一人物であると確認するための情報としてのみ使用しており、個人が特定されるような情報は含んでおりません。 ※ブラウザのセキュリティ設定でクッキーを無効にされている場合には、上記機能をご利用できませんのでご注意ください。

3.個人情報の外部委託
個人情報の処理・取り扱いを外部に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した十分な個人情報保護水準を満たした委託先を選定します。

4.個人情報に関する問い合わせ先
当社の個人情報に関するお問い合わせ先
株式会社MS-Japan
・東京本社  東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4階
Email:tokyo@jmsc.co.jp
株式会社MS-Japan 個人情報保護責任者

5.個人情報に関する利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止等のお求めについて
個人情報について開示のお申し出があった場合、当社所定の「開示等依頼書」に基づき、ご本人である事を確認できた場合、合理的な期間内に、該当の情報を開示いたします。また開示の結果、利用者から削除を求められた場合、当社の規定に従ってすみやかに、これに応じるとともに個人情報の削除を行います。尚、当社の業務に支障がある場合や業務の記録については、開示・訂正・削除依頼にお応えできない場合があります。
個人情報開示手続きについてはこちら


詳しく見る
※行政指導、法令違反等が発覚した場合、選考対象外となる場合がございます