詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

テレワーク環境での効果的な企業内研修の実施方法とは 第1回「テレワーク環境での企業内研修の課題」

公開日2020/10/12 更新日2020/10/13
テレワーク環境での効果的な企業内研修の実施方法とは 第1回「テレワーク環境での企業内研修の課題」

テレワークは、働き方改革の一環として徐々に導入が開始されていましたが、新型コロナ対策として一気に普及しました。しかし、急速なテレワーク環境への移行に、企業内研修の実施環境の整備は追い付いておらず、さまざま課題が浮かび上がっています。

この記事では、テレワーク環境での企業内研修における最新のITツールの活用方法と、研修の効果を高めるために採用すべき研修形態を全3回にわたって解説します。

連載第1回の今回は、「テレワーク環境下で発生する企業内研修の課題」について解説します。

テレワーク環境での効果的な企業内研修の実施方法とは(全3回)

第1回「テレワーク環境での企業内研修の課題」
第2回「テレワーク環境での企業内研修に役立つITツール」
第3回「テレワーク環境での企業内研修に役立つ研修形態」

テレワーク環境への移行が企業内研修に与える影響

テレワークは、以前から働き方改革の一環として徐々に導入が進んでいましたが、コロナ禍対策として一気に導入が加速されました。

しかし、オフィス環境との違いからくるさまざまな制約が業務に与える影響が、ここにきて顕著になってきています。

企業内研修も例外ではなく、オフィスのセミナールームで行っていた集合研修がWeb会議システムを使ったオンライン研修に切り替わるなど、大きな環境変化が起こったため、いろいろな影響が出てきています。

実際に、パーソル総合研究所が行った「新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」によると、テレワークにより非効率になったとの回答割合が多い業務の第2位に「OJT」が、第4位に「社内研修」があがっており、全業務の中でも企業内研修がテレワークにより受ける影響が大きいことがわかります。

出典:パーソル総合研究所「新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」

テレワーク環境下で発生する企業内研修の課題

それでは、テレワーク環境への移行により、企業内研修には具体的にどのような課題が発生しているのでしょうか。

ここでは、集合研修、eラーニング、OJTの3つに分けて考えていきます。


記事提供元

社員教育の未来を変える「人材育成サポーター」
KIYOラーニングが運営。ITを使った最新の人材育成方法やビジネススキルを分かり易く解説し、社員教育・研修に役立つ情報が満載です。社員教育を応援するメディアです!


ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報