サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

マネジーからの一部のメールが現在配信が出来ていない不具合が発生しており、現在復旧対応中です。
ご迷惑をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちください。

Webディレクターがプレシニアに注目を浴びる理由は?おすすめの資格も解説

公開日2022/11/21 更新日2022/11/24
  • キャリア


昨今、プレシニア(40代後半から50代後半)のセカンドキャリアとして、Webディレクターが大きな注目を浴びています。
営業や経理など、Web業界にそこまで大きな関わりがなくても、Webディレクターに魅力を感じる人が多いようです。プレシニアを惹きつける要素は、一体どこにあるのでしょうか。
今回は、Webディレクターという職種を中心に、プレシニアのセカンドキャリアについて解説します。


Webディレクターとは

Webディレクターは、Webコンテンツ制作の現場において、プロジェクトを取りまとめる立場です。企画・立案だけでなく、プロジェクトの進行管理や、運用・改善業務にも携わります。幅広い業務を担当するため、広範かつ専門的なスキルが必要です。
Webディレクターとして働く現場は、主に事業会社と制作会社の2種類です。事業会社で働く場合は、自社のWebコンテンツを制作するため、運用・改善の作業が欠かせません。一方、制作会社で働くのであれば、ヒアリングなどの業務が必要です。事業会社で働くよりも、高いコミュニケーションスキルが必要になるでしょう。

Webディレクターと混同しやすい職種として、プロジェクトマネージャーがあります。プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体を統括する役割です。Webディレクターとは異なり、複数のチームを統括して、目的達成へと導きます。
Webディレクターは、顧客折衝やプロジェクト管理など、とても重要な役割を担っています。将来性を心配する声もありますが、「人間にしかできない分野」なので、すぐにAIなどの技術に取って代わられる可能性は少ないでしょう。


Webディレクターが注目を浴びる理由

プレシニアがWebディレクターに惹かれる要素はどこにあるのでしょうか。まずは、「自由度の高い働き方」です。Webディレクターの求人を見てみると、在宅・リモート可の仕事も多くあります。仕事をする場所や時間がきっちり決められている職種の人は、Web業界の柔軟性に憧れるようです。
またWebディレクターが注目を浴びる要素として、「専門知識が得られる」という点も見逃せません。Webディレクターとして働くと、以下のようなスキルが身につきます。

・Webに関するスキル
・UI(ユーザーインターフェース)/UX(ユーザーエクスペリエンス)に関するスキル
・マーケティングスキル
・コミュニケーションスキル

WebやUI/UX、マーケティングスキルは、将来的にも大きく役立つスキルです。コミュニケーションスキルは、どの仕事をするうえでも欠かせません。専門的なスキル・知識を磨ける点で、Webディレクターが人気を集めています。

「まったく経験してこなかった分野だから」というのも、プレシニアがWebディレクターに注目する理由です。たとえば、営業(Web系以外)だけをしてきた人にとって、Web業界は未知の領域になります。しかし、だからこそ「セカンドキャリアとしてWebディレクターに挑戦したい」と考える人もいるようです。もちろん、「Webデザインのスキルを活かしたい」など、これまでの経験を引き継ぐ形でキャリアアップしたいと考える人もいます。
そして「将来性がある」のも、Webディレクターの魅力です。世間でDX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されているように、さまざまな領域でデジタル技術が浸透しつつあります。マーケティングの知識があるWebディレクターは、DXの分野でも重宝される存在です。このような将来性の高さも、プレシニアの心を惹きつける要素の一つでしょう。


Webディレクターになるためにおすすめの資格

Webディレクターになるために、必須となる資格はありません。しかし取っておくと便利な資格はいくつかあります。たとえば、Webディレクター試験はWebディレクションの力を証明するためのものです。基礎的な力を問われる試験であり、初心者からでも合格できます。
またWebリテラシー試験もおすすめです。デザイナーやディレクター、プロデューサーなどに必要な知識が問われる試験となっています。Webディレクター試験よりも難易度が上がるため、あらかじめ基礎的な力を身につけておきましょう。

上記のような資格をもっており、さらにWebに関する何らかの実務経験があると、プレシニアでのキャリアアップも可能です。若手の人材とは異なり、ポテンシャル採用が行われないため、ある程度の力を養っておく必要があります。


まとめ

Webディレクターは、プレシニアのセカンドキャリアとしてとても魅力的です。担当する業務の範囲が広く、専門的な知識も多く必要となりますが、その分やりがいも大きいでしょう。自由度の高い働き方も可能なので、自分好みのライフスタイルを実現できるかもしれません。
DXの分野で重宝される存在になるのも、Webディレクターが注目される理由です。将来性の高い、専門的な職種を探しているのであれば、Webディレクターに注目してみてはいかがでしょうか。セカンドキャリアを考えるうえで、重要な示唆を与えてくれるかもしれません。


関連ニュース

新着動画

関連情報