詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

ボーナスカットされたら…転職するべきなのか?

公開日2020/10/11 更新日2020/10/12
ボーナスカットされたら…転職するべきなのか?

「会社が業績不振でボーナスがカットされそう…」 このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? ボーナスは業績によって変動するものであり、ボーナスカットは原則として違法ではありません。 この記事では、ボーナスカットの疑問や対処法について詳しく見ていきます。

ボーナスカットは違法ではない

ボーナスカットは、原則として違法ではありません。 ボーナスは会社が任意で支払うもので、法的に義務付けられたものではないからです。

たとえば賃金なら「最低賃金」が最低賃金法で定められています。 労働の対価として、最低賃金以上の額の賃金を支払わないのは違法です。 また、残業代も、1日8時間・週40時間を超えて働かせた場合には支払う義務があることを労働基準法で定めています。
ところがボーナスについては、労働法のいずれにも定められていません。 したがって、ボーナスカットは原則的には、会社の法的責任を問うことはできません。

ボーナスカットが違法なケース

ただし、ボーナスカットが違法となるケースもあります。 それは以下のような場合です。


記事提供元

管理部門の転職ならMS-Japan
転職するなら管理部門・士業特化型エージェントのMS-Japan。経理・財務、人事・総務、法務、会計事務所・監査法人、税理士、公認会計士、弁護士の大手・IPO準備企業の優良な転職・求人情報を多数掲載。転職のノウハウやMS-Japan限定の非公開求人も。東京・横浜・名古屋・大阪で転職相談会を実施中。

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

関連ニュース

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報