詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

気になる“社長のひとり飯”メニュー

公開日2018/07/30 更新日2018/07/30
気になる“社長のひとり飯”メニュー

社長といえばいつも豪華な食事をしているイメージだが、実際にひとりで食事をするときはどのようなものを食べているのだろうか。

答えは「接待にはお金をかけるが、社長ひとりの食事は意外と質素。かける金額は1000円未満」というのである。

この答えを導き出したのは、全国の社長のカードが付いたポテトチップスを企業PRツールとしてプロデュースする「社長チップス」を生み出した株式会社ESSPRIDEが行った、「社長脳内リサーチ~ひとり飯編」である。

その結果は、意外や意外、社長がひとり飯で利用する店の1位はラーメン屋(47.0%)、2位がコンビニ(38.0%)と大半が庶民的な食事内容だった。

もっとも、そもそもひとりで食事をすることが少ないだろうし、接待や誰かと食事の予定がない日はまっすぐに自宅に帰って食事をしているとすれば、ひとり飯自体が特異なケースといえるのかもしれない。

一方で、「ひとりで食事をすることはない」と答えた社長は、わずか1割ほどしかいなかった。案外、ラーメン屋やコンビニなどで“ひとり飯”を味わっているというのが、社長の裏の姿、いや本当の姿なのかも。

さて、次に気になるのが食事にかける金額である。「仕事に関わる食事にはお金をかけるが、ひとりの食事にはお金をかけたくない」と回答した社長が半数で、ランチも夜も500円~1000円程度のようだ。

その理由は、「仕事に関わる食事にはある程度の質が必要だと考えるから」「仕事の接待となると相手の立場に合わせ失礼のないようもてなす。自分自身は贅沢の必要がないと思う」「ひとりで食事をしてもつまらないので、最小限の費用で済ませたい」となっている。

ランチに関しては時間をかけないという意見が多く、そもそも予定を入れていないことも多いようだ。これは社員にとっては社長と直に話すチャンスでもある。「ランチご一緒しても良いですか」と声をかけてみると、意外と喜んでもらえるかもしれない。

詳細はこちら

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報