サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

マネジーからの一部のメールが現在配信が出来ていない不具合が発生しており、現在復旧対応中です。
ご迷惑をお掛けいたしますが、今しばらくお待ちください。

ITエンジニアが最も閲覧した求人の1位は?

公開日2022/11/24 更新日2022/11/23
  • 人事


社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社が、2022年度上半期(4月~9月)に掲載した企業の求人票から、ITエンジニアの閲覧数が多かったランキングを作成しました。
DX推進などに伴い、需要が急増しており採用しづらいと言われているエンジニアですが、その方々が最も閲覧したのは、どこの企業の求人だったのでしょうか。


幅広い業界が求めているITエンジニア

企業の成長にDX推進が欠かせないとされるなか、IT業界だけではなく、あらゆる業種でITエンジニアが必要とされています。
深刻な人手不足が続くなか、企業が成長を続けていくためには、いかに優秀な人材を確保できるかどうかがカギになります。
なかでも、IT分野の知識と技術を有するITエンジニアは、IT業界にかかわらず、どの業界でも喉から手が出るほど確保したい人材といえるでしょう。


1位になったのは?

では、そのITエンジニアは、どのような企業を就職先として選ぼうとしているのでしょうか。「OpenWork」が掲載した求人票の閲覧数で1位となったのは、「アマゾンウェブサービスジャパン合同会社」でした。2位「アクセンチュア」、3位「セールフォース・ジャパン」と続いています。
トップ5を外資系企業が独占し、SIer(システムインテグレーター)やコンサルティング、インターネット企業が上位にランクインしています。それ以外の業種では、製薬会社の武田薬品工業が9位、中外製薬が22位となっています。

ITエンジニアが活躍するのは、SIerやソフト開発、システム運用を担う企業というイメージがありますが、他の業界やベンチャー企業であっても、ITエンジニアが納得するような募集要件を提示すれば、注目度が高められるといえるのではないでしょうか。


営業職経験者が最も閲覧した企業は?

求人閲覧企業ランキングは、ITエンジニアだけでなく、営業職経験者でも集計しています。1位はアマゾンジャパン、2位はセールフォース・ジャパン、3位はアマゾンウェブサービスジャパンが入っています。
ベスト10にランクインした顔ぶれは、多少順位は変動していますが、ITエンジニアが見た閲覧数とほぼ同じような結果となったようです。

閲覧数が多いということは、掲載企業そのものの魅力に加え、求人募集要項に求職者が求める要素が盛り込まれていたと考えることもできます。なかなか人材が集まらないと嘆く採用担当者は、求職者が注目する企業と、自社の募集要項を比較してみることで、何かヒントを得られるかもしれません。


まとめ

思うようにDXが進まない理由の一つに、IT人材の不足が挙げられています。IT関連の知見やスキルを有する人材の争奪戦は、ますます激化していくことになりそうです。その争奪戦に勝つためには、募集要項に掲載する内容にも一工夫する必要もありそうです。


関連ニュース

新着動画

関連情報