詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

マネジーにて先行公開!マネーフォワードに聞いた!督促・未入金回収で営業を味方にするコツとは?

公開日2023/09/14 更新日2023/09/13

マネジーにて先行公開!マネーフォワードに聞いた!督促・未入金回収で営業を味方にするコツとは?

ダウンロードはこちら

督促・未入金回収を負担に感じる経理担当者は、約8割

取引先への督促・未入金回収は、経理業務の中でも特に負担に感じている経理担当者の方が多いのではないでしょうか。 実際に企業の経理実際にアフターコールナビが企業の経理担当者を対象にした調査では、約83%(※)が回収業務に負担を感じているという結果がでているようです。

(※)引用:2022年12月:アフターコールナビ株式会社:「企業の売掛金」に関する調査 n=1,066


特に経理担当者が負担に感じるポイントは、以下の2点。
・入金に関する二重三重の確認に手間がかかる
・営業の督促に対するモチベーションが低い

督促・未入金回収の「しくみ化」に悩む経理担当者はもちろん健全な企業経営を目指す経営者も必読!

督促・未入金回収業務が重荷になり、実務的にも心理的にも負担を感じている経理担当者はもちろん、健全な企業経営を実現するために、正確で迅速な督促・未入金回収を実施したい企業経営者にもぜひおすすめしたい資料です。

スマートキャンプ社やマネーフォワード社の事例を基に督促・未入金回収の「しくみ化」を解説

督促・未入金回収を「しくみ化」するポイントやあるべき組織体制の解説をスマートキャンプ社やマネーフォワード社の事例を基に紹介しています。 本資料を読むことで、督促・未入金回収業務が経理担当者だけのものではなく、企業全体で取り組むべき課題であることが認識できるでしょう。


資料の目次は以下のとおりです。 <目次>
・はじめに
・インタビュイー プロフィールご紹介
・督促・未入金回収で営業協力を得るのが大変
・全社的な体制整備で督促・未入金回収を効率化
・滞留債権を「見える化」して貸倒ゼロを実現
・正確かつ迅速に、未入金回収を行うために

資料の一部を先行公開!

ここまで読んでいただいた方へ、督促・未入金回収をどんな風に仕組み化しているかスマートキャンプ社の事例を特別先行公開!

全社的な体制整備で督促・未入金回収を効率化

事例:スマートキャンプ株式会社の取り組み

▼チャットツールを活用し未入金情報を会社全体に共有する
経理部が未入金リストを事業部に展開して、事業部ごとに営業事務担当が取りまとめています。その上で、担当を割り振って督促するというプロセスです。 チャットツール「Slack」で督促・未入金回収情報用の独立したチャンネルを作り、未入金 リストを共有しています。


                   

▼効率化のポイント
経営者や役員、事業部長をはじめとした経営層もチャンネルに参加し、経営会議の議題としても扱われています。企業のトップが音頭を取り、組織として体系立てて管理することを大事にしています。督促・未入金回収は、決して簡単なプロセスではないので、営業や経理のメンバーに押し付けるのではなく、会社全体で引き受ける体制を整えることが大切です。


このような体制を作っていくにはどうしたらよいのか、上記事例を基にノウハウ資料内でより細かく、解説しています。 続きを読みたい方は、以下のボタンから資料をダウンロードしてください。


ダウンロードはこちら

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報