詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

ストレスチェック制度を成功させる企業とは?

公開日2023/09/14 更新日2023/11/28

ストレスチェック制度を成功させる企業とは?
※左上のアイコンについて


ストレスチェック制度とは

ストレスチェック制度とは、労働者の健康を守ることを目的に、職場におけるストレスの状況を把握し、解消に向けた対策を設けるための制度です。2015年から日本で導入され、全国の多くの就労者に対して行われています。業種を問わず、会社の規模や職種に関係なく適用されるため、労働者一人ひとりが安心して働くためのリスクマネジメントの一環として重要視されています。


ストレスチェック制度の目的

ストレスチェック制度は、日本の労働環境の改善を目指す制度として、労働者のストレス把握と解消に重きを置いています。一般的に、日本は働き過ぎ社会とされ、労働者のストレスレベルは高いとされています。


したがって、この制度は働く人々のストレスを可視化し、個々のストレスレベルに対する理解を深め、対策を打つことで導入されています。具体的には、職場環境に起因するストレスを発見し、個々の労働者がストレスに対して自己対応能力を持つこと、企業全体で職場環境の改善を図ることを目的としています。


ストレスチェック制度の対象者

ストレスチェック制度の対象者は、原則としてすべての就労者です。企業規模が50人以上の全ての事業場で、定期的に健康診断を受ける労働者が対象となります。一方で、年間の就労日数が少ない労働者や、短時間労働者等は除外される場合もあります。段階的に対象者が拡大され、初年度には1000人以上の事業場が対象となりました。今後も更なる対象者の拡大が期待されています。


ストレスチェック制度の実施義務

労働者の健康を守るため、ストレスチェック制度は事業主に実施義務が課せられています。年1回以上、全従業員に対して、ストレスチェックが行われなければなりません。


また、制度を適切に運用するために、精神科医や心理職などの専門家によるフォローアップが求められており、実施結果に基づいたフォローアップ面談の実施も義務づけられています。不適切に運用した場合、行政からの改善指導や公表、罰則が科せられることもあります。

ストレスチェック制度の有効性

ストレスチェック制度は、過剰なストレスを抱えている労働者を早期に発見し、そうした状況を改善するための手助けをする国が推奨する制度です。この制度は企業の健康管理を向上させるために重要な役割を果たしており、労働者のストレスの軽減という面では非常に有効と言えます。


ストレスチェック制度の効果

ストレスチェック制度の効果は、その活用度合いによってさまざまです。適切に活用されると、労働者が抱える過度なストレスを可視化できます。その結果、心身の健康や業務遂行能力を維持するための具体策を提案することが更に容易になります。


また、この制度を組織全体で導入すると、職場全体のストレス状況を把握し、労働環境そのものを改善する方向性を見出すことができます。こういった全社的な視点を持つことで、個々のストレス対策だけでなく、組織経営の改善にも寄与します。


ストレスチェック制度の成果事例

ストレスチェック制度を成功させるためには、組織全体がその重要性を理解し、それを実施する必要があります。その一例として、ある大手企業では、ストレスチェック制度を活用してストレス要因をインデックス化し、それに対する対策を適時実施しています。


その結果、労働者のストレスレベルの低下や改善はもちろん、離職率も減少したのです。この例からも、組織全体がストレスチェック制度を活用し、それを基にした対策を繰り返すことで高い効果を発揮することが確認できます。


ストレスチェック制度の限界と課題

しかし、ストレスチェック制度には限界と課題もあります。第一に、制度の有効性は、ストレスチェックの結果が適切にフィードバックされ、改善対策が実施されるかどうかによります。また、ストレス源が明らかになることで、労働者がストレスを強く感じるようになる可能性もあります。


さらに、ストレスチェック制度は、対策を実施するための有用な情報を提供するツールであっても、結局のところストレス自体を直接解消するものではありません。したがって、その活用には受け手の理解と対策実施の意識が求められます。これらの課題を解決するためには、持続的な教育や制度の理解を促す取り組みが必要となるでしょう。

ストレスチェックを成功させるポイント

ストレスチェックの成功は、単なる義務的なアクションに終わらせないための計画と対策で決まり、これには、組織全体の理解と協力が重要です。以下に、その具体的なポイントをご紹介します。


心の健康を重視する企業文化

企業文化に心の健康を重視する価値観を植え付けることが、ストレスチェックを成功に導きます。心の健康を重視する文化とは、社員の精神的な負担を軽減しようという共通の意識が共有され、そのための行動が取られている状況を指します。これが確立すると、社員は自身のストレスをきちんと理解し、対策を練るための意識を持つことができるでしょう。


また、心の健康を尊重することで働き方改革が推進され、職場の風通しが良くなり、長時間労働や過度の負担が減少します。これが社員のストレスの軽減につながり、メンタルヘルスの維持にも寄与します。その結果、ストレスチェックの結果に対する対応が迅速になり、適切なサポートを提供することが可能になるのです。


上司の役割と関与

上司がストレスチェックを成功させる上での重要な役割を果たします。まず、上司自身がストレスチェックの意義を理解し、自身も安心して参加できる環境を作ることが必要です。上司の参加意識が高まれば、自然と部下への影響も大きくなります。


さらに、上司が結果のフォローにも積極的であることが大切です。結果が出た後のフォローが不十分だと、ストレスチェックは単なる形骸化したものとなります。具体的には、結果に基づく社員のカウンセリングの機会を持つなど、結果を活用する姿勢を示すことが求められます。


社員の参加意識の醸成

社員自身の参加意識も、ストレスチェックの成功には欠かせません。社員一人ひとりが、ストレスチェックの意義を理解し、真摯に向き合うことで初めて効果を発揮します。そのため、ストレスチェックを「自分の心の健康を知り、改善するための手段」であると理解し、参加する意識を高めることが大切です。


社員の参加意識を向上させるためには、企業はストレスチェックを義務ではなく、一人ひとりの健康を支える重要なツールとして位置づけ、その理解を社員に広めることが重要となります。

ストレスチェック結果の活用方法

ストレスチェックの結果は、一個人のストレス状況を評価するだけでなく、組織全体のストレスの傾向や問題点を把握するための重要な指標にもなるのです。正しい活用方法を理解し、順守することで、職場環境の改善や従業員の健康状態の向上につながる可能性があります。


健康経営との連携

ストレスチェックの結果は、健康経営推進の一部として積極的に利用するべきです。健康経営とは、従業員一人ひとりの健康を組織の成長と結びつける取り組みのことで、ストレスチェックの結果を基に、具体的なアクションプランを立案することが可能になります。


たとえば、職場環境によるストレスが特に高い部署や職種を特定し、その改善策を探求します。この結果を元に、働き方改革や職場環境の改善を進めていきます。また、ストレスが多い職場環境だけでなく、健康習慣の推進や健康意識の向上につながるプログラムの実施も視野に入れるとより良い結果が期待できます。


改善策の策定とフォローアップ

ストレスチェックの結果から発見した問題に対する改善策を策定することが重要です。具体的な改善策としては、職場環境の改善、仕事の量や質の見直し、コミュニケーションスキルの向上などが考えられます。これらの改善策を組織全体で共有し、適切なタイミングで実施していきます。


また、改善策を策定した後にフォローアップを行うことも大切です。実施した改善策が効果を発揮しているか、問題が改善されているかを定期的に確認し、必要に応じて改善策を見直します。


結果のフィードバック

ストレスチェックの結果は、そのままでなく、従業員本人にフィードバックすることが重要です。自身のストレスレベルを客観的に理解することで、ストレスと上手く付き合う方法を学ぶきっかけになるからです。


具体的には、医療機関や健康管理部門から専門的な視点でフィードバックを提供します。それにより、従業員が自らのストレス状況を把握し、必要な対策を自発的に取り組むことが可能になります。また、組織全体としても、ストレス状況の改善に向けた取り組みを強化していくにあたり、有益な情報を得ることができます。

導入事例から学ぶ実践策

心身の健康を保つために欠かせないのが、職場環境の改善です。これには組織としての取り組みが必要となります。特にストレスは、働く上での大きな要因となりますので、企業がストレスチェックを導入し、活用すると従業員の心身の健康管理がしやすくなるでしょう。次に、成功企業のストレスチェック導入事例、ストレスチェック結果をどう活用しているのか、そして失敗事例とその教訓を具体的に検証し、議論していきます。


成功企業のストレスチェック導入事例

大手企業A社は、社員のメンタルヘルス対策としてストレスチェックを導入しました。毎半期ごとのチェックにより、社員一人ひとりの心細やストレス状況を定期的に把握。その結果をもとにセミナーやワークショップを開き、社員たちのストレス軽減を図っています。


また、社員本人だけでなく上司も含めてその結果を共有し、一緒に問題解決に取り組む体制を整えました。この取り組みにより、抜群の生産性と社員の満足度を維持することが出来たのです。


ストレスチェック結果活用の具体例

B社ではストレスチェック結果を元に、個々のストレス状況に合わせた目安時間を設け、出勤時間の調整や勤怠管理を行っています。また、チーム内でのコミュニケーション不足や話し合いの場がないという問題が明らかになった場合、全体会議の時間を増やしたり、定期的なミーティングを設けたりと、組織の運営方法自体も見直しを行いました。この結果、コミュニケーションが活発化し、職場環境が大きく改善したという報告があります。


失敗事例とその教訓

C社では、社員全員にストレスチェックを実施するという企画がありましたが、結果が適切にフィードバックされず、改善策も提案されなかったため、結果的に社員たちはストレスの改善に繋がらない状況が続きました。


この事例から学べる教訓は、ストレスチェック自体を実施するだけでなく、その結果を基に具体的な改善策を考え出し、実行することが重要であるということです。また、その改善策を通じて職場環境を改めていくためには、常に組織全体での思考と行動が求められるという点を忘れてはなりません。

保健指導員や心理カウンセラーの役割

健康と精神の両面から人々の幸せをサポートする保健指導員や心理カウンセラーの役割は、社会に不可欠なものです。それぞれの専門性により、我々が抱える困難に適切なアプローチを行い、個々のニーズに応えていきます。個々の心身の課題を理解し、一人ひとりの生活習慣改善や心の健康をサポートします。


プロフェッショナルな視点からのアドバイス

保健指導員や心理カウンセラーは、それぞれのプロフェッショナルな視点から個々に適したアドバイスを提供します。体の健康についての知識を持つ保健指導員は、生活習慣病の予防や維持管理についてのアドバイスを行います。一方、心理カウンセラーは精神的な健康や人間関係、生活に対する悩みなどについて、専門的な観点から適切なアドバイスや対策を提供します。


それぞれの専門知識を活かしたアドバイスは、個々の困難を乗り越え、日々の生活の質を向上させるためには欠かせないものです。また個々のニーズに対して最適なサポートを行うため、継続的な関わりを持つことが重要となります。


個別対応の重要性

保健指導員や心理カウンセラーが行う個別対応の重要性は、一人ひとりが抱える問題に対し、個々に適したサポートを提供することで、真に実効性のある助けとなるからです。そのためには、個々の生活習慣や心理状況を理解することが求められます。困難な状況に対する理解と共感をもって対応し、その人らしい生活が送れるよう助けることが大切です。


善意の助けでも、一律のアプローチでは結果を出すことは難しいです。一人ひとりが抱える問題は異なるため、個別対応が不可欠なのです。


カウンセラーによるフォローアップ

心理カウンセラーによるフォローアップは、クライエントが抱える問題に対し継続的に対応し、変化に対して適切なアプローチを行い続ける重要な役割を果たします。アドバイスを与えるだけではなく、その進行状況を見守り、必要に応じて対応策を見直すなど、柔軟な対応が求められます。


特に、助けを求める人々は不安や困惑を抱えていることが多く、状況の変化に対して適応するのは時に困難であることもあります。そのような中で、カウンセラーが継続的にフォローアップを行うことで、安心感を提供し、効果的な改善を促進することができます。

コロナ禍でのストレスチェック

この一年間で世界が変わったことを感じている方は多いでしょう。新型コロナウイルス感染症の蔓延により、私たちの日常生活や働き方は大きく変化しました。その影響はメンタルヘルスにも及んでおり、日々の生活や仕事で感じるストレスが増大している方も少なくありません。そこで、この記事では新型コロナウイルスの影響と対策、リモートワーク下でのストレスチェック、その他のメンタルヘルス対策について解説していきます。


新型コロナウイルスの影響と対策

新型コロナウイルス以降の生活は、“新しい生活様式”と呼ばれ、私たちの生活全体が変わりました。交流の場が制限され、孤立感や不安感を抱く方が増えています。また、情報が溢れている現代社会では、コロナ情報だけでなく、それによる莫大な情報量に圧倒され、ストレスを感じる方も増えているのです。


これに対し、まずは身近なところからの対策が求められます。毎日の新型コロナウイルスの感染者数をチェックするだけではなく、正確で信頼性の高い情報を選び、適度な情報収集を心がけることが大切です。


リモートワーク下のストレスチェック

新型コロナウイルスの影響でテレワークやリモートワークが普及しましたが、これにより新たなストレス要素が生まれています。長時間の座り作業、画面に向かう時間の増加、自宅と職場の区別がつかないなど様々な要因がメンタルヘルスを圧迫しています。また、リモートワークでは人間関係のトラブルも増えています。


そこでストレスチェックは必須となります。自分自身のストレスレベルを把握し、適切な対策を立てることが求められます。自己モニタリングの一環として定期的にストレスチェックを行うことをおすすめします。


コロナ禍でのメンタルヘルス対策

新型コロナウイルスの拡大によって、ストレスが増大し、メンタルヘルスが脅威に晒されています。そこで、日常生活で心地よく過ごすためには、メンタルヘルスの維持が不可欠です。まずは、自分自身の感情や身体のサインに気づき、ストレスを溜めこんでいないか確認しましょう。


また、適切な休息や良好な睡眠、バランスの良い食事など基本的な生活習慣の見直しも効果的な対策と言えます。そして最も重要なことは、自分一人で抱え込まず、必要な時は専門機関に相談することです。

まとめ:企業の健全なストレスチェック制度づくり

企業の持続的な成長と従業員の健康を両立させるためには、ストレスチェック制度の適切な運営が重要となります。適切なストレスチェック制度を作り上げ、適切に運用することで、従業員の健康と企業の繁栄を両立させることが可能です。ここでは、健康経営とストレスチェックの関連性、ストレスチェック制度の今後の展望、そして組織文化の再定義とストレスチェックについて考えていきます。


健康経営とストレスチェックの関連性

健康経営とは、企業が従業員の健康を保ち、生産性を向上させるための経営手法です。健康な従業員は、高い生産性と創造性を発揮します。そのため、企業の業績改善にも寄与します。そこには、ストレスチェック制度の重要性があります。


従業員のストレス状態を定期的にチェックし、その結果を基に職場環境の改善を行うことで、従業員の健康維持と生産性向上につながるのです。また、ストレスマネジメントの取り組みや、適切な支援体制の構築も不可欠です。


ストレスチェック制度の今後の展望

ストレスチェック制度は、今後も企業の健康経営における重要な要素として位置づけられるでしょう。企業が直面している過労死という問題への解決策の一つとして、ストレスチェック制度の更なる普及と活用が期待されています。


今後は、ストレスチェックの結果をただ報告するだけではなく、その結果を元にした具体的な改善策の提案や実施が求められます。そのためには、制度の運用だけでなく、結果の活用方法やフォローアップ体制の確立も必要です。


組織文化の再定義とストレスチェック

ストレスチェック制度をうまく運用するためには、組織文化の再定義も重要です。従業員がストレスチェックを受けることを当たり前と捉え、結果をオープンにする風土を作り上げることが必要です。


組織内での意識改革は、従業員にとって働きやすい環境を作り出し、企業の生産性を向上させることに直結します。組織のリーダーには、ストレスチェックの重要性を理解し、従業員に対し積極的に受診を進め、その結果を基に職場環境を改善する役割があります。


■参考サイト
企業の未来を守る、メンタルヘルスケアサービス導入ガイド
産業医サービス導入の魅力と効果的な活用方法
現代社会で必要なメンタルヘルスケアとその実践方法
うつ病患者への対応:人事が知るべき最善の手法

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報