詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

ホールディング経営とは? グループ経営との違いについて解説

公開日2024/05/15 更新日2024/05/21

ホールディング経営とは? グループ経営との違いについて解説

ホールディング経営とは

ホールディング経営とは、ホールディング会社が親会社となり、事業を行なう子会社の財務リスク管理や戦略立案等を行う体制を指します。
ホールディングは、「純粋持株会社」と「事業持株会社」の2つに大別されます。純粋持株会社は、子会社の株式を保有し、経営を統括するだけの会社で、自らは事業を行いません。一方、事業持株会社は、子会社の経営を統括しながら、自社でも事業を展開します。買収や株式交換なども増えており、企業グループの効率的な運営と成長に寄与しています。


近年では、事業会社において自律性の高い経営をする為といった「組織戦略」の観点、長期的かつ安定的な株価政策を実現する為の「財務戦略」の観点、経営者(戦略リーダー)を育成する為といった「人材戦略」の観点からホールディング経営を採用する企業が増加しています。

グループ経営とホールディング経営の関係性

グループ経営とは「複数の異なる事業を営む、単一の企業、もしくは複数の連結事業体からなる多角化企業」と定義しています。一方で、ホールディング経営とは「企業グループを統括する持株会社とその傘下に並ぶ複数の事業会社により構成される経営スタイル」を指し、いわゆる組織形態からみた経営スタイルを定義したものです。より具体的に述べますと、顧客・マーケットと向き合う事業会社と、事業推進に必要な経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・ノウハウ)を事業会社に提供するグループ本社機能を有する土台としてのホールディングカンパニー(以下、HDC)に会社単位で分社する組織形態です。よって、グループ経営を推進するためのプラットフォームとしてホールディング経営という経営スタイルが存在すると捉えるべきです。


ホールディング経営は、さまざまな業界で採用されており、特に多角化を目指す企業にとって有効です。この経営形態では、HDCが企業グループ全体の統括を担い、各事業会社に対して必要な支援と資源を提供します。例えば、HDCが事業戦略の策定、資金調達、人材の配置などを通じて各事業会社の運営をサポートします。これにより、各事業会社は自社の事業に集中し、効率的な運営が可能になります。この経営スタイルは、グループ全体の成長と競争力を高めるための戦略として、ますます重要になっています。


なお、ホールディングスグループ経営において大切な5つのポイントについては下記コラムで解説していますので、ぜひご覧ください。


記事提供元



タナベコンサルティンググループは「日本には企業を救う仕事が必要だ」という志を掲げた1957年の創業以来67年間で大企業から中堅企業まで約200業種、17,000社以上に経営コンサルティングを実施してまいりました。
企業を救い、元気にする。私たちが皆さまに提供する価値と貫き通す流儀をお伝えします。

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

関連ニュース

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報