詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

【だめ、絶対!】インサイダー取引とは? 関連ニュースまとめ

公開日2021/11/19 更新日2021/11/20
【だめ、絶対!】インサイダー取引とは? 関連ニュースまとめ

新型スマートフォン「BALMUDA Phone」を正式発表したばかりのバルミューダが、インサイダー取引の恐れがある株取引を行ったという報道を連日見聞きします。

一連の報道を巡っては「インサイダー取引だ」との指摘が複数出ている一方で、同社は「社内規定に違反したため処分した」とインサイダーではないということを再度強調し、「インサイダー取引に該当するかは、証券取引等監視委員会などの今後の捜査で判明するだろう」との見方を示しています。

今回の件を受けて、マネジーでは過去にインサイダー取引についていくつか公開しているニュースがあるため、改めてインサイダー取引についてまとめてみました。

インサイダー取引とは何か?

こちらの記事はインサイダー取引の例や、なぜ規制されるのか、インサイダー取引違反をした場合の罰則等、インサイダー取引についての基本的な内容を記載しています。
現代ではインターネット上で誰でも、気軽に株の取り引きが可能となっており、本人にそのつもりが無くてもインサイダー取引として処罰を受けてしまうことも珍しくありません。

まずは基本的事項を確認し、現在株取引を行っている方は、今一度ご自身の取引状況を確認してみましょう。

記事全文はこちらから


改訂版「インサイダー取引規制に関するQ&A」について

株式投資は、資産形成に有効な手段の一つですが、インサイダー取引規制の内容を理解していないため、投資活動に二の足を踏む人も多いようです。そこで金融庁では、インサイダー取引規制の基本的な内容の理解を深めるために、Q&Aに「基礎編」を追加する改定を行いました。

こちらの記事では証券市場の公正性・健全性を保つための規制、インサイダー取引に該当する典型例、追加された「基礎編」の内容について記載しています。

今後の資産形成として株取引を考えている方はぜひご覧ください。

記事全文はこちらから


インサイダー取引の罰則 規制内容と事例、監視体制とは?

株取引において、どのような場合がインサイダー取引になってしまうのか、皆さんはご存じでしょうか?
知らなかったでは済まされず、株取引を行う上で詳細を確実に知っておかなければなりません。

こちらの記事ではインサイダー取引の罰則事例を交えながら、なぜ発覚するのか、発覚した場合はどのような処罰を受けるのかなどを解説しています。

インサイダー取引に一生を棒にふるうリスクがあることをしっかりと認識しておきましょう。

記事全文はこちらから


まとめ

実際にインサイダー取引によって課徴金命令を出された方の多くは「まさかバレるとは思わなかった」「インサイダー取引だという自覚は無かった」と感じており、正しい認識の重要さを知っても後の祭り、といったことがとても多いのです。

少しでも「これってインサイダー取引かも?」という疑いのある株取引を予定されている方は、必ず現在の状況とインサイダー取引の条項を確認するようにしましょう。

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報