詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

【未経験転職】「したことがある」が半数以上、30代以降の未経験転職も「満足度高」に。志望動機や理由は?

公開日2024/02/19 更新日2024/02/16


Indeed Japan株式会社は2023年12月20日、「未経験転職に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2023年10月17日~23日で、25歳~49歳の正規雇用の転職経験者(現在就業中の正社員・会社経営者・会社役員・公務員・団体職員)の男女計8,399名から回答を得ている。本調査から、未経験転職の実態や未経験転職に対する意識などが明らかとなった。

目次【本記事の内容】

  1. 転職者の半数以上が“未経験転職”を経験。うち6割以上は「業種も職種も未経験」
  2. 未経験転職の理由は「給与を上げるため」が最多。「現状への不満」、「やりがい」も上位に
  3. 未経験転職を「良かった」とする人は6割超、「悪かった」は全体の1割未満に
  4. “未経験転職に抱くイメージ”は「新たな経験やスキルを積める」がトップ

転職者の半数以上が“未経験転職”を経験。うち6割以上は「業種も職種も未経験」

少子高齢化による労働人口の減少などを背景に、労働市場における人材不足が深刻化している。人材確保の観点から、企業が未経験者を中途採用する動きも増えつつあるが、転職経験者のうち未経験転職の経験者はどの程度の割合を占めるのだろうか。


はじめにIndeed Japanは事前調査として、転職経験者8,399名に対して「前職と業種も職種も同じ転職をしたことがあるか、もしくは、前職と業種や職種のいずれかまたはその両方が異なる転職(未経験転職)をしたことがあるか」を尋ねた。すると、「未経験転職の経験あり」とした人は54.3%と全体の半数にのぼり、転職経験者の半数以上が未経験転職を経験しているとわかった。


転職経験者のうち、未経験転職をしたことがある4,564人の内訳をみると、61.3%が「業種も職種も異なる転職」となった。他方で、「職種のみ異なる転職」は23.8%、「業種のみ異なる転職」は23.3%だった。この結果から、未経験転職の中でも、業種も職種も異なる転職をした人が多いことがわかった。


未経験転職の理由は「給与を上げるため」が最多。「現状への不満」、「やりがい」も上位に

続いて同社は、転職経験者8,399名の中から未経験転職者720名を抽出し、「未経験転職をした理由」を尋ねた。その結果、……


記事提供元



採用、教育・研修、労務、人事戦略といった最新のHR情報を扱う日本最大級の人事ポータルサイトです。HRの専門家によるコラムや、HR総研調査レポート、人事に役立つeラーニング「HRプロ講座」など人事はもちろん、マネジメント層や経営者などにも役立つ情報が満載です。

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

関連ニュース

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報