詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

約9割の上司が“部下に忖度”…上司と部下の関係性に変化か。立場の違いによる「理想」と「実態」のギャップとは?

公開日2024/05/15 更新日2024/05/21

約9割の上司が“部下に忖度”…上司と部下の関係性に変化か。立場の違いによる「理想」と「実態」のギャップとは?

株式会社ライボは2024年2月19日、「2024年・上司と部下の意識調査」の結果を発表した。調査期間は2024年1月31日~2月5日で、20~50代の社会人男女629名より回答を得ている。本調査結果から、部下に求められることの変化有無と内容、上司から見た理想の部下像や部下との関わり方、部下・上司双方への忖度経験などが明らかになった。

目次本記事の内容

  1. 約8割が“部下に求められること”の変化を実感。「プライベートの優先度」や「コミュニケーション」が要因か
  2. 上司の理想は「コミュニケーションを大切にする部下」。部下は「上司に敬意を払う」ことを意識
  3. 上司の9割以上が部下への忖度経験「あり」。具体的なシーンは「トラブルやミスが起きたとき」が最多
  4. 部下の約7割が上司へ忖度経験「あり」。忖度内容は「気に入られるための同調」が最多回答に
  5. 全体の6割超が「部下が上司に合わせる」に賛成。立場別の回答では上司・部下ともに「賛成派」が多数

約8割が“部下に求められること”の変化を実感。「プライベートの優先度」や「コミュニケーション」が要因か

近年は、「Z世代」の登場や働き方の多様性、価値観の変化などを背景に、職場内でのコミュニケーションのあり方が変化している。上司と部下の関係性も例外ではないと考えられるが、部下として求められることや、上司と部下の関係性はどのように変化しているのだろうか。


はじめに、ライボが「部下に求められることは昭和から令和で変化したと感じるか」と尋ねたところ、「変化したと思う」は8割に迫ったという。また、上司/部下それぞれにおける「変化したと思う」との回答の内訳をみると、上司・部下とも8割程度と、立場の違いで大きな差は見られなかったとのことだ。


そこで、「変化したと思う」と回答した489名に「変化した内容」を尋ねた。すると、「プライベートの優先度」(52.8%)が最も多く、以下、「コミュニケーション」(48.5%)、「職場や仕事に対する考え方」(42.7%)と続いた。


同回答者に「変化に影響したと思う背景」を尋ねたところ、「労働環境の変化」(55%)が最多となり、続いて、「多様性の尊重」(52.8%)、「ライフスタイルの多様化」(46.6%)となった。


上司の理想は「コミュニケーションを大切にする部下」。部下は「上司に敬意を払う」ことを意識

続いて同社は、「現在部下がいる」と回答した162名に「部下の理想像」を聞いた。すると、「コミュニケーションを大切にする」(59.7%)が最多で、以下、「自身の考えや提案を積極的に伝える」(50%)、「自己管理と能力の向上に努める」(44.4%)と続いた。


そこで、「現在上司がいる」と回答した487名に「上司との関わりで意識すること」を聞いたところ、……


記事提供元



採用、教育・研修、労務、人事戦略といった最新のHR情報を扱う日本最大級の人事ポータルサイトです。HRの専門家によるコラムや、HR総研調査レポート、人事に役立つeラーニング「HRプロ講座」など人事はもちろん、マネジメント層や経営者などにも役立つ情報が満載です。

ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

関連ニュース

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報