詳細はこちら
サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

離職を減らすメンタルヘルスケアには何が大事?やってるだけでは意味がない従業員ケアで本当に意識するべき項目とは

公開日2023/05/17 更新日2023/05/17

離職を減らすメンタルヘルスケアには何が大事?やってるだけでは意味がない従業員ケアで本当に意識するべき項目とは

近年、従業員のメンタルヘルスケアが企業にとって重要なテーマとなっています。
従業員のメンタル不調は、そのままにしておくと離職や休職に繋がります。従業員がメンタルヘルスの問題を抱えている場合、それに対する適切なケアやサポートがなければ、仕事への取り組みが困難になってしまいます。


とは言え、ストレスチェックや面談などを通して従業員のケアを行っている企業も多いはずです。しかし、従業員の全員が本当のことを喋ってくれるとは限りません。大丈夫だと思っていたけど急に退職する、なんていうのは良く聞く話です。


そのため、従業員のメンタルヘルスケアには以下のような取り組みが求められます。


オープンなコミュニケーション環境の構築

従業員が自身のメンタルヘルスの問題やストレスを話しやすい環境を整えることが重要です。上司や同僚とのコミュニケーションを促進し、相互の信頼関係を築くことで、従業員が自身の状況を打ち明けやすくなります。


メンタルヘルス教育の実施

従業員に対してメンタルヘルスに関する教育や啓発プログラムを提供しましょう。ストレス管理やメンタルウェルビーングの重要性、心理的なサポートリソースの活用方法などについて、従業員に正確な情報を提供することが必要です。


心理的なサポートの提供

企業内に専門のカウンセラーや相談窓口を設け、従業員がメンタルヘルスに関する問題や悩みを相談できる環境を整えましょう。匿名性を保護し、信頼性のあるサポートを提供することで、従業員はより積極的に利用することができます。


ワークライフバランスの促進

長時間労働や過度な仕事負荷は、従業員のメンタルヘルスに悪影響を与えることがあります。柔軟な勤務時間やリモートワークの導入、休暇や休息の取りやすさなど、ワークライフバランスを重視した労働環境を整えましょう。


マネージャーのトレーニングとサポート

上司や管理職は従業員のメンタルヘルスケアにおいて重要な役割を果たします。マネージャーに対して適切なトレーニングやサポートを提供し、従業員のメンタルヘルスを適切に理解し、サポートできるようにしましょう。


しかし、いきなりこれらを実施するのはハードルが高いでしょう。そこで、マネジー編集部が厳選したメンタルヘルスケアのお役立ち資料を集めてみました。この資料を参考に何から従業員のメンタルヘルスケア改善を取り込むべきかを知って、是非実践してみてください。


ニュースを読んでポイントGET!(公開日の翌日13時前限定で取得可能)

おすすめコンテンツ

関連ニュース

人気記事ランキング

キャリア記事ランキング

新着動画

関連情報