サービスロゴ

学ぶ

Learn

サービスロゴ

もらえる!

Present!

プロジェクト管理のサービス一覧

プロジェクト管理ツール導入のメリット
プロジェクトの全体的な見通しやスケジュール管理、リソースの最適な配置が可能となり、進行状況をリアルタイムで把握できます。これにより、期日遅れやコストオーバーランのリスクを最小限に抑えつつ、高品質な成果物を提供することが可能となります。また、チーム間のコミュニケーションがスムーズになり、全体の生産性を向上させることが期待できます。
プロジェクト管理ツールを選ぶポイント
プロジェクト管理ツールを比較する際、下記をチェックしましょう。
  • ファイルなどの情報を共有可能か
  • テンプレートは充実しているか
  • 毎日利用しても苦ではないくらい操作は簡単か
今なら新規会員登録で1,200ポイントもらえる! 件まとめて資料請求(無料)

今人気のプロジェクト管理は?資料請求ランキング

過去180日間で問い合わせが多かったプロジェクト管理の最新のランキングを紹介!

Wrike

Wrike Japan株式会社
Wrikeのロゴ

【編集部調べ】Wrike(ライク)は世界で 2 万社、国内でも 1100 社が導入しているプロジェクト管理・ワークマネジメントツールです。

jooto

株式会社PR TIMES
jootoのロゴ

【編集部調べ】 シンプルで直感的な操作感でチームのタスク管理、テレワーク下の業務マネジメント、案件管理、スケジュール管理など、企業のあらゆるタスク・プロジェクト管理をスムーズにします。

Jira Software

アトラシアン株式会社
Jira Softwareのロゴ

【編集部調べ】作業を分解してタスク化、ボード上で可視化し、全体の進捗管理を行う環境を整えることで、業務効率化を実現します。

Asana

Asana Japan 株式会社
Asanaのロゴ

【編集部調べ】Asanaは分散する組織の仕事を可視化し、誰にでも使いやすいワークマネジメントプラットフォームです。

Backlog

株式会社ヌーラボ
Backlogのロゴ

【編集部調べ】題管理やWiki、ファイル共有など情報共有に関する豊富な機能や、直感的に操作できるインターフェースが特長。現在、SaaS版 / オンプレミス版の2つの形態で提供。

サービス一覧に戻る

おすすめコンテンツ

サービスを探す

Service

人事

総務

バックオフィスに関するお悩みは
マネジーの「課題解決サポート」へ

マネジーの「課題解決サポート」では、サービス導入前の相談を無料で行なっております。

どんなサービスが適切なのか、弊社コンサルタントが課題を伺い、最適なサービスをご提案いたします。

お問い合わせ