税理士法人赤坂国際会計事務所 | Best Professional Firm 2019

税理士法人赤坂国際会計事務所

代表者名
山﨑 亮雄
創立年月日
2004年6月
社員数
20名(2019年5月現在)
ホームページ
http://www.akasaka-tax.or.jp
Address
〒107-0052
東京都港区赤坂2-10-5
赤坂日ノ樹ビル6階
03-3505-2480

OUTLINE

今年、創立15周年を迎えた赤坂国際会計事務所。山㟢代表が外資系金融機関の出身であることから、外資系ファンド、外資系アセットマネジメント会社の仕事が多い。 代表へのインタビューの最中、何度となく聞かれたのが「コツコツ」という言葉だ。穏やかに淡々と語る物腰からも、仕事に向き合う実直な姿勢がうかがわれる。「医師が患者を継続的に診察していると、患者の生活習慣や、それに起因する体質などがわかってきます。同様に私たちの仕事も、お金の流れを継続的に観察する中で、その会社の健康状態が見えるようになるのです。経営者の方は、前を見据えて進んでいかれますが、その経営者の傍らに立ち、足元に注意を払うのが私たちの仕事です」 人材流動性の高い業界にあって、創業当初から在籍するスタッフが多い点が特徴だ。「うちで経験を積んで独立を目指す人には学びに適した環境を、長く働きたい人には一生快適に働ける環境を用意しています」 今後は、専門知識と実務経験をベースに、顧客に対して付加価値を提供できるプロフェッショナルが求められると語る。「現代では、税理士・会計士としての専門知識は、ネットで検索すれば簡単に手に入れることが可能です。それをどのように伝えれば顧客が理解しやすく、納得感を得られるかを考えて提供できる人は意外と少ない。プロであるか否かの違いは、まさにこの点です」 堅実で頼りがいのあるプロフェッショナル集団。そんな事務所像が浮かんできた

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

AI等のテクノロジーの本質を理解し、業務効率化に積極的に活用。人的資源は、テクノロジーで代替できないサービス分野に集約すべきだと考える。

どのような顧客が多いか

外資系のファンド・アセットマネジメント会社

強み、得意としている業務

外資系のSPC(特別目的会社)に対する会計・税務関係業務

どのような人材を育成しているか

まじめで、コツコツ努力する意欲がある人材

事務所の特徴を一言でいうと?

男女問わず、長く快適に働くことのできる環境の事務所

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

特別に秀でた才能がなくても、コツコツ経験を積むことで、誰でも職業専門家になることができる

会計士または税理士を目指したきっかけは?

会社員時代、経理関係の部署に配属になったことで、会計の仕事に興味を持った

座右の書

『ローマ人の物語』塩野七生著

趣味

読書、旅行

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します