税理士法人チェスター | Best Professional Firm 2019

税理士法人チェスター

代表者名
荒巻 善宏(写真左)福留 正明(写真右)
創立年月日
2008年6月2日(創業1966年10月)
社員数
170名(2019年4月現在)
ホームページ
https://chester-tax.com
Address
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町3-4-7
ヒューリック日本橋室町ビル10階(東京三越前本店)
03-6869-5040

OUTLINE

税理士法人チェスターは、相続税を専門としている急成長中の事務所だ。現在、東京三越前本店をはじめ全国6カ所に拠点があり、年間の相続税申告件数は1200件、開業以来の累計は4000件を超え、トップクラスの実績を誇っている。 職場環境は、相続実務が未経験で入所しても内部・外部の研修はもちろん、実務案件が目の前に豊富にあるので、さまざまな知識や経験が得られ、1、2年で土台を築くことが可能だという。全国各地の有名資産税事務所からの転職者も多いため、アドバイスも得られる。まさに「相続税に関する専門家集団」と呼ぶにふさわしい環境だ。 そんな同社の理念は、一人でも多くの相続税に困っている人たちに質の高い税務サービスを提供し信頼に応えること。また、税理士業界では軽視されがちな顧客目線を大切にして、相談を受けた全ての依頼主たちの満足が得られるよう努めることだ。 さらに全てのスタッフが働く意欲を高め、維持できるよう、ビジョンを共有し、共に成長していける事務所経営を行っている。例えば、2024年までに年間相続税申告5000件を達成し、その年の相続税申告で業界№1となり、相続事業承継コンサルティング部単体でも、10億円の売り上げと 50人体制を達成するといった目標を掲げ、業界最高水準の給与体系および待遇の整備の実現に向けて突き進んでいる。 そのための方策は何か?愚直に顧客目線で、要望に耳を傾け、満足が得られるサービスを提供することだという。依頼主との信頼関係に勝るものはない。そのことは、同社の急成長が証明している。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

業務効率化で得た時間をコンサルティングに使い、よりよいサービスを提供する。

どのような顧客が多いか

富裕層、中小企業のオーナー

強み、得意としている業務

相続税専門の税理士法人として相続税申告を主軸に、さまざまな資産税関連の周辺業務

どのような人材を育成しているか

相続実務が未経験の状態で入所しても、内外研修をはじめさまざまな経験を積み成長したスタッフと、各地の有名資産税事務所からの転職者が融合して、他の追随を許さない相続税分野の人材とノウハウを構築しています

事務所の特徴を一言でいうと?

相続分野における業界のリーディングファーム

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

個人の資産家から企業オーナーまで多岐にわたるお客さまの顧客視点に立つことで、感謝の言葉が頂けて、やりがいがある

会計士または税理士を目指したきっかけは?

高校3年生のとき、将来自分の腕一本で勝負ができる資格を取ることで活躍のフィールドが広がると考えた

座右の書

『三国志』陳寿撰(20代前半に読んで大きな志と情熱を持つきっかけとなりました)

趣味

ゴルフ