税理士法人中央総研 | Best Professional Firm 2019

税理士法人中央総研

代表者名
小島 淳次
創立年月日
2003年1月(創業1984年)
社員数
名古屋本部50名(グループ合計130名/2019年4月現在)
ホームページ
https://www.cri-nagoya.com
Address
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-19-24 
中央総研BLD.
052-232-7800

OUTLINE

名古屋市内に自社ビルを持ち、個人・法人を問わず多くのクライアントを抱える中央総研。その業務もまた、事業承継や相続などの資産税業務、M&A、労務など、多岐にわたる。 同社の強みは各部門に業務に精通したスタッフをそろえ、あらゆる相談をワンストップで対応できる点にある。ビル内には提携している弁護士事務所もあり、契約上のトラブルなどを未然に防ぐための周到なプロジェクトの進め方にも定評がある。 とはいえ、数年前までは社労士も弁護士もいなかったという。これは時代に応じて変化していくお客さまからのニーズにアジャストしていくため、一足先に態勢を整えてきた企業姿勢の表れだ。 バブル崩壊後には企業再生を、その後は上場支援を、リーマンショック後には財務体質の適正化といった具合に、常にアンテナを張って、クライアントに応えてきた。そうした取り組みが評判を呼び、定期的に開催しているセミナーは大盛況。さらには年に一度、4月に開催する経営者、クライアントセミナーは500名もの参加者を集める大規模なもの。地元財界人が顔をそろえる名物セミナーとなっている。 昔もこれからも、会計業界に必要な資質は変わらない。「お客さまに喜んでもらいたいという気持ちを持ち続けることが重要」と代表が語るとおり、顧客志向があるからこその一歩先行くサービスを提供できるのだろう。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

テクノロジーの進歩は、私たちの業務を効率化する。機械にできることは機械にしてもらえば、今まで忙しくてできなかったことができるようになる。

どのような顧客が多いか

規模、業種を問わず、成長している会社、勉強熱心な経営者の方々

どのような人材を育成しているか

社是「お客さまの喜びは、私たちの生きがい」を実践できる人材がそろっている

事務所の特徴を一言でいうと?

税務・会計だけでなく、法務や労務にまたがる幅広い相談にワンストップで対応できる事務所

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

若いうちから企業経営者の信頼を得ることができ、顧客の相談相手になれること

会計士または税理士を目指したきっかけは?

資格取得がゴールではなく、企業経営をサポートする基礎知識として資格を取得した

趣味

食べ歩き

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します