税理士法人KMCパートナーズ | Best Professional Firm 2019

税理士法人KMCパートナーズ

代表者名
木村 智行
創立年月日
1971年7月
社員数
36名(2019年5月現在)
ホームページ
https://www.kaikeinet.jp
Address
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-16-7
ハイウェービル9階
03-3770-3321

OUTLINE

1971年の創業以来、約50年の業歴を誇るKMCパートナーズ。顧問契約を結ぶ法人は、製造、アパレル、建設、不動産、医療、IT関連まで約450社と多岐に及ぶ。また個人ではクリニックや不動産オーナーなどが主な顧客で、2018年度の確定申告件数は620件と、多種多様なクライアントのニーズに対応している。 とりわけ税務調査対応に強い事務所として定評がある。理事長、代表ともに税務調査に関する著作や講演依頼なども多い。 「税務署や国税局に対して税法理論で論戦し、納税者の権益を擁護します。といっても、税務調査対応の”奥の手“があるわけではありません。ただ、いくつかのポイントを理解し、税務調査はどのように行われるのかを知っておく必要があるのです。こうした点について、的確なアドバイスを行います」 企業経営を取り巻く環境が激変する中、10年後のビジョンについて聞いてみると、 「記帳代行分野は自動化により収益が減っていくでしょう。一方で、税務調査対応や組織再編・事業承継、専門性の高い税務会計、経営計画などのコンサルティング業務はむしろ重要になってくる。今後はさらにKMCの強みを生かせると考えています」との答えが返ってきた。 クライアントのニーズを的確に把握できるコミュニケーション能力やコンサルティング能力を生かし、近年は、事業承継や経営計画・改善コンサルなど付加価値の高い仕事が増えているという同事務所。豊富な経験と実績に加え、次代を見据えた提案型サービスで業容拡大を目指している。

テクノロジーの進歩と、どう向き合っていくか?

テクノロジーに「使われる側」ではなく、「利用する側」になることが必要。

どのような顧客が多いか

法人では、上場企業を含め幅広い業種で約450社と顧問契約。個人ではクリニックや不動産オーナーなど

強み、得意としている業務

書面添付を活用した調査の来ない申告書作成および税務訴訟を含む税務調査対応には定評がある。講演や著作出版も数多い

どのような人材を育成しているか

独自の研修・マニュアル・チェックリストを用いて、資産税から上場企業の法人決算もできるような、専門性も高く税法にも横断的に対応できる人材を育成

事務所の特徴を一言でいうと?

創業48年目を迎える、専門性だけでなく、挨拶などの基準行動を重視した、チームワークの良い、活気のある事務所

会計士または税理士という仕事の醍醐味とは?

クライアントのお役に立ち、成長発展に貢献できると共に、自分自身も専門的・人間的にも成長できること。クライアントから直接、感謝の言葉をいただけること

会計士または税理士を目指したきっかけは?

開業税理士として活躍をしている父を尊敬していて、いずれ跡を継ぎたいと思っていたため

座右の書

『生き方』稲盛和夫著

趣味

ジムでのゆるめのトレーニングとサウナ。そして、おいしいご飯とお酒をいただくこと