MACミッドランド税理士法人 | Best Professional Firm 2020

MACミッドランド税理士法人

代表者名
齋藤孝一
創立年月日
1984年5月
ホームページ
https://www.mac-g.co.jp
Address
103-0022
東京都中央区日本橋室町3-3-1
E.T.S.室町ビル5階
03-6661-1591

最新の技術を取り入れ創造的な業務へのシフトを加速させています

クライアントから高い支持を得てきたオーダーメードのコンサルティング


MACミッドランド税理士法人は、相続に関する対策を得意としており、その経験とノ ウハウにもとづいたコンサルティングに定評がある。クライアントからの評価は数字にはっきりと表れており、年間150件以上の相続税の申告書を作成している。まず、その担当数の多さに驚くと共に、それだけ多くの クライアントが同法人のサポートに強い期待 を寄せていることが伝わってくる。

さらに相続税申告における税務調査の全国平均の割合が 22 %なのに対し、同法人では5%前後の割 合を維持している。仕事の誠実さ、確実さも数字に反映されているのだ。こうしたサポー ト体制が、クライアントからの信頼と評価へとつながっている。
 
また事業承継対策にも力を入れている。後継者向けの経営セミナーの開催はもちろん、 会社法や経営承継円滑化法を駆使した後継者への経営権の移転や遺留分対策、組織再編やM&A、さまざまな選択肢からクライアントに合った最適な事業承継策を提案し、その実現をサポートしている。

税負担を最小限に抑え、円滑に事業を承継するためのスキームを 日々研究している同法人。特に税法のみならず、会社法や民法を駆使し、種類株式や属人 的株式の提案など、クライアントごとに状況 が異なる事業承継のさまざまな課題をクリア するオーダーメードのコンサルティングによって、顧客から高い支持を得てきた。
 
これらの特徴が示すように同法人で業務の経験を積めば、相続税法をはじめ、税法の精 緻な知識や実践的なコンサルティング能力の取得が可能だ。そのため同法人の採用は、高い専門性を持つ経験者に限られるのではないかと思われるかもしれない。

しかし実際は、 新卒や未経験者にも積極的に門戸を開いてい る。ビジネスマナーやコンプライアンス研修 などによる土台づくりから始まり、業務基礎 研修、専門研修といった具合に未経験者育成 のための研修制度が充実しているのだ。

当初は法人の顧客との業務で経験を積むが、その際、相手は会社の経営者が当然多い。そのため、まずはビジネスマナーを確実に習得する ところから始め、自学自習、OJTによる研修、そして社内や社外の研修を連関させて知 識や経験を深めていく中で、同法人独自のサ ポート方法を学んでいくのである。
 
税理士や公認会計士をはじめとした資格を取得するための専門学校の授業料割引制度や試験前の休暇制度などもさまざま用意されて いる。

さらに同法人では、機械化・自動化が 可能な作業に関しては、RPA( Robotic Proc ess Automation )をはじめ、データ化の外注やAIの活用といった最新の技術を取り入 れている。効率化を図り、単純作業から脱することで、テレワークを実現し、労働時間の削減はもとより、創造的な業務へのシフトを促進させ、クライアントへの万全なサポート体制を強化しているのだ。

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します