税理士法人オグリ | Best Professional Firm 2020

税理士法人オグリ

代表者名
小栗悟
創立年月日
1992年
ホームページ
http://www.otc-oguri.com
Address
460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-16-15
名古屋フコク生命ビル6階
052-222-1600

相続と事業継承に強く金融機関の信頼も厚い税務のプロ集団

税理士法人オグリには営業がいない。税務のことならここにいい税理士がいると、地元のメガバンクや地銀が自分のところの顧客を、向こうから連れてきてくれるからだ。実際、オグリの顧客のおよそ6割は金融機関からの紹介だという。しかも、その大半が、地域を代表する中堅企業なのである。それだけで、いかに金融機関からの信頼が厚いのかがよくわかるというものだ。

会計・税務から社会保険労務士業務まで幅広い分野を扱っているが、中でもとくに強いのが相続と事業承継。事実、岐阜県における相続申告の件数は断然トップ。愛知、三重、静岡を加えた東海4県でも四番手に付けているというから恐れ入る。

「資産税の専門家は税理士全体の5%程度しかいないといわれています。しかしながら、当事務所は開設以来、あえてその困難な資産税業務にこだわり、特別に力を注いできました。それゆえ豊富な実績と、そこで培ったノウハウの蓄積があるので、この分野に関しては、他の追随を許さないと自負しています」と、小栗悟代表はそう胸を張る。

なお、複数の著書を上梓しメディア出演や講演活動も精力的にこなす小栗氏の存在も、そのまま同事務所の信用となっているのはいうまでもない。

加えて、近年増えつつある、後継者がいなくて相続や事業承継ができない企業オーナー向けに、事業の売却先を探し、売買監査等の実務の一切合切をサポートするM&Aの専門家集団「OTCM&Aセンター」を併設しているのも、もう一つの特徴だといっていいだろう。


情熱さえあれば未経験者や新卒者も3年でひとり立ちできる


顧客数、売り上げとも年々拡大しているため、税理士法人オグリは人材の採用に関しても積極的だ。では具体的にどんな人物を求めているのか。

「中途採用の場合は、日商簿記2級以上の実力がある経験者が原則ですが、たとえ未経験であっても、会計事務所の仕事を理解していて、なおかつ税理士になりたいという強い情熱の持ち主なら問題ありません。理系出身者や、前職が八百屋という人もいます」

入所後の教育はOJTが中心。先輩社員に同行して背中を見ながら仕事を覚えていき、早ければ半年ぐらいで顧客を任せてもらえる。未経験者や新卒者でも、3年もすればひとり立ちできるそうだ。

また、「やりたいことをやりたいように」というのが事務所の方針となっているため、最初から相続や事業承継のプロになりたいといった希望を持っている人にとっては、もってこいの環境だといえる。

「ただし、グレードの高い顧客が多く、一つひとつの課題も大きいので、それなりの覚悟がないと厳しいでしょう。その代わりここで頑張れば、よその2倍のスピードで成長できる、それは私が保証します」

株式会社MS-Japanの転職サポートサイトへ遷移します